名古屋市南区の行政書士 西尾直記行政書士事務所のホームページです。

NN 西尾直記行政書士事務所
                        TEL・FAX   052−692−8552
                        メール     naoki-nishio@office.nifty.jp     
                        営業時間   平日9:00〜18:00(土日祝日は要予約)

トップページ
入国・在留手続・帰化申請
法人・会社設立
会計記帳・決算書類作成
協議離婚手続
遺言書作成・相続手続
契約書作成
各種許認可申請
内容証明郵便作成
料金案内
事務所案内・プロフィール
ブログ
個人情報保護方針
リンク集
サイトマップ

愛知県離婚問題相談センター

《主な対応地域》
名古屋市内全域(名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区)、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村


離婚をするかどうか迷っているというご相談
離婚協議書・離婚公正証書の作成など離婚手続に関するご相談は
名古屋市南区の西尾直記行政書士事務所へお気軽にご相談下さい。
離婚専門行政書士・夫婦カウンセラーがお困りになられていることを解決するため
責任を持ってサポート致します。

離婚問題を専門に扱うサイト「愛知県離婚問題相談センター」はこちらです!
協議離婚手続画像


離婚の種類


離婚には、以下の6通りの方法がありますが、実際に離婚する人の9割以上が協議離婚によって離婚しています。

協議離婚 夫婦で話し合いをし、双方に離婚する意思がある場合に、離婚届を提出、受理されることによって離婚が成立します
調停離婚 離婚の話し合いがつかない場合に、家庭裁判所へ離婚調停の申立てを行い、話し合いがつけば調停調書が作成されて離婚が成立します
審判離婚 調停が成立しなかった場合、家庭裁判所が職権でこれまでの調停内容を考慮した審判をしますが、その審判について2週間以内に異議申立てがなければ離婚が成立します
裁判離婚 調停が成立しなかった場合、審判に納得がいかなかった場合に、家庭裁判所へ離婚訴訟を起こし、判決が確定したときに離婚が成立します
(裁判で離婚を勝ち取るためには離婚原因が必要です)
和解離婚 離婚裁判の途中で、裁判官が和解を勧め、和解ができると和解調書が作成されて離婚が成立します
認諾離婚 離婚裁判の途中で、訴訟を起こされた側が、起こした側の言い分を全面的に受け入れる場合に離婚が成立します
 離婚原因
   1.配偶者の不貞行為
   2.配偶者の悪意による遺棄
   3.配偶者の生死が3年以上不明
   4.配偶者が強度の精神病で回復の見込みがない
   5.その他、婚姻を継続し難い重大な事由がある



離婚手続の流れ


離婚の話し合い → 合意 → 協議離婚成立 → 離婚届

   ↓

合意なし

   ↓

調停の申立て → 調停成立 → 調停離婚成立 → 離婚届

   ↓

調停不成立 → 審判 → 2週間以内に異議申立てがなかった → 審判離婚成立 → 離婚届

   ↓

訴訟の提起

   ↓

訴訟の途中 → 双方が和解した → 和解離婚成立 → 離婚届
        → 被告が原告の言い分を認めた → 認諾離婚成立 → 離婚届
   ↓

判決 → 裁判離婚成立 → 離婚届



離婚前に決めなければならないこと


以下の事項について取り決めをし、その中でも基本的な事項(@〜E)を離婚協議書にまとめることをお勧めします。

@ 未成年の子がいる場合の親権者、監護者(親権者でない方が事実上育てる場合)

A 養育費

B 面接交渉権(子どもに会う権利)

C 財産分与

D 慰謝料(離婚の相手方に離婚原因を作った責任がある場合だけ)

E 年金分割

F 離婚後の姓と戸籍

  離婚により妻が旧姓に戻る場合は、婚姻前の戸籍(父親の戸籍など)に戻るか新しい戸籍を作る
  離婚後も婚姻中の氏を称する場合は、新しい戸籍を作る

G 離婚届の提出

H 荷物

など



協議離婚の内容を確実に守らせる方法


協議離婚で、財産分与や養育費などについて決めたとしても、その約束が守られないケースがよく起こります。

このような場合に約束を守らせる方法として、
離婚に関する契約公正証書の作成をお勧めします。

公正証書を作成するための費用が発生しますが、
相手が約束を守らない場合には、裁判を起こさず強制執行をすることが可能になります。


離婚後に必要な手続


○ 離婚届

  市区町村役場の戸籍係へ提出します

○ 離婚の際に称していた氏を称する届

  婚姻中の氏を称する場合は、離婚成立の日から3か月以内に市区町村役場の戸籍係へ提出しま
  す

○ 子の氏の変更許可申立書

  
親権を有する母親が旧姓に戻ったため、父親の戸籍にあって父の氏を称している子の氏を母親
  と同じ氏に変更したい場合は、子の住所地の家庭裁判所へ申立てます。

  子が15歳以上の場合は、子自身が氏の変更許可の申立てをすることができます。

○ 子の氏の変更許可申立て後、子を母の戸籍へ移す場合の入籍届

  家庭裁判所が交付した「子の氏の変更許可の審判書謄本」を添付して、市区町村役場の戸籍係
  へ提出します

○ 住民登録関係(転入届・転出届など)

  市区町村役場

○ 印鑑登録

  市区町村役場

○ 年金

  市区町村役場の担当課

○ 健康保険

  市区町村役場の担当課

○ 運転免許証(氏名変更、住所変更)

  警察署の窓口

○ 転校届

  学校事務局

  など




西 尾 直 記 行 政 書 士 事 務 所 
名古屋市南区豊二丁目14番6号 宝マンション神宮南105号
地     図
                                             TEL・FAX   052−692−8552
                                             メール     naoki-nishio@office.nifty.jp
                                             営業時間   平日9:00〜18:00(土日祝日は要予約)
Copyright (C) 2011-2017 Naoki Nishio All Rights Reserved.
トップページ入国・在留手続・帰化申請法人・会社設立会計記帳・決算書類作成協議離婚手続
遺言書作成・相続手続契約書作成各種許認可申請内容証明郵便作成料金案内
事務所案内・プロフィールブログ個人情報保護方針リンク集サイトマップ